運用戦略


長期的な展望を踏まえてピクテが考えている運用戦略をご紹介します。



製造業を中心に世界経済が回復局面にあるとの認識に変わりはありません。なかでも、中国は主要経済活動指標がコロナ禍前の水準を大きく上回るなど、中国の景気回復が際立っています。このためスコアを「1」を継続します。また、現地通貨建て新興国債券の比率を引上げる方針です。